スーパーカブで長距離ツーリングしてみたら【パート3】

カブでツーリング・キャンプ

さてお盆休みを利用して神戸から東京間をスーパーカブでツーリングしたお話もパート3となりました。たったの600kmくらいでしたが、限られたスケジュールと想定外の移動の遅さに焦りを感じながらも旅は続くのであります。

東京キャノンボールは難航したが

スーパーカブで長距離ツーリングしてみたら【パート1】

スーパーカブで長距離ツーリングしてみたら【パート2】

前回をご覧いただくとおわかりかと思いますが、トラブル続きでした。まぁ大したことではありませんでしたが、到着時刻の遅延につながっていたのは事実です。数時間単位でロスしていました。それは行き当たりばっかりの神戸→東京と、ほぼ迷うことなくスムーズなツーリングとなった東京→神戸では移動時間が大幅に違います。これはまた紹介しますが。

まぁそんなところで不愉快なツーリングとなっていましたが、テンションが上がることもありましたのでここで発表しましょう☆

~神との遭遇~

カブでツーリング

解説:コンビニや、ツーリングスポットで、僕が神戸ナンバーとわかるとほかのライダーさんから声をかけていただき、缶コーヒーを恵んでもらえたのですが、見た目は普通のスーパーカブです。対向車のツーリングライダーからヤエー(ピースサイン)をもらえずムラムラしていました。

スーパーカブでキャンプ

解説:神はキリスト風。対向車のツーリングライダー集団がまるで悪役のように描かれている。静岡県をサイレントヒルと呼んでいることがわかる。

スーパーカブでロングツーリング

解説:実写を挿入し手抜き感満載。スーパーカブの集団がモブ過ぎて手抜き感満載。⑪に関しては目も当てられない。『大ヤエー』ってなんだよ。

ヤエーツーリング

まとめ(笑)

あの・・・着地点がよくわかりませんが、まぁそういうことです。今回のツーリング中に、対向車のカブ集団はもちろんですが、キャンプツーリング仕様のカブに抜かれたときも、ライダーさんに会釈をしていただきました。

なんでしょうね、あえてカブでツーリングってのも、やってみないとわからない魅力がありますね。もう二度とやりたくないと思いながらも、またやりたいなと感じることもまた事実です。ってことで次回まだまだ続きます^_^

カブでツーリング・キャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください