【メリット】ホンダ NAVI 110のインプレ【デメリット】


ここではNAVI110を実際に購入し、感じた良いところと悪いところをぶっちゃけてしまいます。数々のNAVI110のインプレ・レビューはありますが、試乗程度での感想が多かったので、実際に購入し、通勤やツーリングで使ってみて感じたことをお伝えしましょう。

NAVI110のここがいい!

navi110

乗り出し価格が安い

先程から繰り返し、述べているようにこの車輌の最大の特徴は”値段が安い”ことです。筆者が乗っている車両は2016年式となりますが、新車乗り出し価格は14万円程度でした。今や数少ない”現金で即決できる現行車両”です。そしてこの車両に何かトラブルがあった場合、手放すことになっても精神的ダメージが比較的軽傷で済む可能性もあります。最近ではカスタムパーツも少しずつ出始めていますがフルカスタマイズの車両を購入してもお店の特別なデモ車両でもない限りは20万円でおつりが貰えるくらい安価となっています。

これはおすすめ! バイク専用カーナビアプリの登場だ!

AT限定免許で乗れる

この車両は一見するとMT車に見えますが、クラッチやシフトペダルはありません。それに伴い、難しい操作も一切省略されています。無段変速なのでAT小型限定普通二輪免許、AT限定普通二輪免許の取得で乗ることが可能です。

キャブレター車である

”キャブ車は21世紀の空気を吸わせない””キャブ車は既に滅んだ”なんて言葉が聞こえてきそうですが、このNAVI110は立派なキャブレター車です。スロットルワイヤー経由のアクセル開度で燃料を調整します。21世紀の空気を現行モデルでありながらキャブ車として立派に吸い込んでいます。

セルフスタート・キックスタートどちらもOK

最近では、始動方式がセルフスタートのみに限定される車両が多い中、セルとキックが両方装備されています。バッテリーの電圧が弱くなってもキックでエンジンがかかりますので安心ですね。そしてなんと今時のバイクには珍しいチョークレバーが標準装備されています。寒い冬でも余裕の一発始動です。

軽量である

車両重量は101kg程度しかないため力のない人でも扱うことは容易であります。スクータータイプにしては重心も高いため、挟路をキビキビと荷重移動させながら走ることもできます。

ニーグリップができる

ガソリンタンクが中央に配置されているため、スクーターでありながらMT車と同じようにタンクを挟んでのニーグリップが可能です。このことによりコーナリングでのバランス保持は比較的容易です。また先述したように荷重移動も通常のMT車と何ら変わりなくできるようになっています。”バイクを跨ぐ感覚がないと怖い”という人には大変オススメできる車両です。

ヘッドライトのオフスイッチがある

navi110

かつてのバイクにはヘッドライトの切替スイッチが装備されていました。”夜間””昼光””OFF”で切り替えられるのですが、これらの機能は90年代には消滅し現在の車両は全て自動点灯となっています。しかし、この車両にはライトオフ機能が標準装備されています。冬季の運転時にはヘッドライトをOFFにしてエンジン回転数を上げることが可能なので、日中であればオーバークールによる走行中のエンジンストップ予防にも効果が期待されます。

原付二種である

自動車も所有し任意保険にも加入しているならば(絶対入ろうね!)各保険会社のミニバイク特約がオプションとして適用可能です。これは使用者だけでなくNAVI110の運転可能免許を保持している家族にも適用されます。ちなみに軽自動車税は2,400円/年であり、自賠責は二年で9,950円~となります。

NAVI110のここが悪い!

サイドスタンドがない

このバイクのスタンドはセンタースタンドがメインとなります。メンテナンス性が向上する代物ですが、ちょっとした短時間停車には少々不便さを感じるかもしれません。サイドスタンドはオプションパーツとなっており4,000円程度から購入可能です。DIYでの取り付け時間は約1時間程度です。

燃費は良いがタンク容量が少ない

筆者は通勤の足として使用しているのですが、往復で40km程度となります。レギュラーガソリン使用にて40~50km/hの燃費となります。しかし、ガソリンタンク容量はリザーブを含めて最大3.2L程度しかないので2日に1回は給油が必要となります。またガソリン残量計がないためODOメーターから残りのガソリン量を考えなければなりません。目安としては100km走る度に給油が必要です。

収納ボックスの容量は少ない

先述しましたがNAVI110のタンク下は空洞となっています。この空洞にはオプション品である収納ボックスを設置することが可能です。車体中央のガソリンタンク下に収納スペースを作る、そしてボックスを設置したのはおそらくこのバイクが世界初ではないでしょうか。しかし、残念ながらこのボックス自体の容量はあまり大きくなく、半ヘルが収められる容量しかありません。筆者はこのボックスに雨合羽と保険関係の書類を入れています。ボックスの価格は約8,000円ですが時期によっては、取り寄せに3ヶ月程度要することがあります。

Amazonで買えるバイク・リアボックスの価格まとめ

1年間使用して・・・

現在、新車で購入してからの走行距離は約8,000km程度ですが目立ったトラブルは一切ありません。もともとインド生まれのバイクなので寒冷地での使用は想定されていないと思いますが摂氏0度以下の環境でもセル一発、始動に手間取ることはありません。季節・天候ほぼ関係なく使用できるタフな車両です。

続き→ホンダ NAVI110のある生活はいかが?

 

3 件のコメント

  • はじめまして
    質問なのですが先日納車したNAVIがおかしい気がして…ハンドルのトップブリッジとタンクの中心がズレているようなのです

    このまま首の曲がったバイクに乗るのは怖いので他の方の意見が聞きたく質問しました
    NAVIの首は曲がってて良いのですか?

  • 自分はナビの仲間のクリック110を買いました‼
    リアキャリアがまだ発売してないので早く欲しいです!
    でもクリックは安くてスピードも出るし便利ですよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください