【珍品プラモデル】クラウン ヒューマンボディー 精密人体構造モデル(?)


※写真をクリックすると大きく表示されるかも!

●定番の珍品プラモデルかも?

今回紹介するのはCrown社(クラウン)の『HYUMAN BODY 精密人体構造モデル』 です。

クラウンというプラモデルメーカーにあまり馴染みがないのでちょっと調べてみたところ、1964年(昭和39年)に設立された会社のようで現存しています。

この誰の目に見てもインパクトのある組み立て人体模型は、マニアックな人気があるようですね。コレクターの間でも知る人も多いとか。

●挿し絵のおじさんの表情がイイ

プラモデル=自動車やバイク、戦車や戦闘機、戦艦などが思い浮かびますが、このヒューマンボディーは男性の人体模型です。いったいどこの層を狙ったものなのか不明ですね・・・笑

販売時期は不明。パッケージや説明書を見ても年号が見当たりません。昭和時期っぽいですが、それ以外に手がかりがないので詳しい方メッセージお待ちしております。

このヒューマンボディーは1/6サイズ。挿し絵のおじさんの表情に心奪われ購入した知人から『やっぱりこれいらない』という理由でいただきました 笑 個人的にはお気に入りですよ。

ザ☆無表情!

●それではオープン!

ピコーン!

開封すると立派な帯付き。説明書付き。キャッチコピーは『学校の教材に 一般家庭に 病院・医学研究に』

うーん。だとしたらあれだな。見た感じ着色とかがダルそうだな・・・。

説明書はあくまでも内臓の説明

そう。このプラモデルはあくまでも人体構造を学ぶためのもの。一般的なプラモデルとは一線を画し、はめ込み方や組み立て順などは記載されておりません! なんとも硬派。

このように内臓の名称が事細かに表示されています。AとBを接着剤で固定し・・・などの表記はありません。

こちらは骨群。これは着色なしでも使えそう。

こちらがガワです。透明なので着色次第でアートな仕上がりも可能かも。

内臓は塗りが必須。

●気になることが!

説明書を読んでいるとちょっと気になることが書いてありました。

なんか珍しく内臓の組み込み方がジェスチャーされていますね。そうだ。こいつはプラモデルだった。

なんだっと! 接着はセロファンテープだと!!!!!?

透明テープだとっ!!!!!!!?

んだと!

そうかそうか。首と手首と足首と、首系にはセロハンテープを使うのかフムフム。

っておい! 『セロファンテープ』『セロハンテープ』『透明テープ』って、短期間に数種類の呼び名を使いこなしてやがる! 正気の沙汰か!?

●実は高価だったり

前から腑に落ちないのがこの値札。

3,000円て!

いつの時代に販売されていたのか分からないにせよ、当時の価格としてはかなり高価!

まったく、マーケットがどこにあるのかわからん変なプラモデルの紹介でした。

ちなみに現在のクラウン社はこちら↓

http://www.crown-model.co.jp/index.html

そして現在販売さているプラモデルはなぜか『小便小僧』一体のみ! 笑

センサー付きで人を感知するとオシッコが流れる謎仕様です。

ハートマーク”など”のシールが入っています。わくわく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください