鈴鹿サーキットで泡とデコトラで盛り上がる!前代未聞の夏フェス 「泡トラ」初開催!


次々と新しい体験をつくり出すアクティベーションクリエイター 「アフロマンス」率いるAfro&Co.は、泡とデコトラをコラボレーションさせた前代未聞の夏フェス「泡トラ」を鈴鹿サーキットにて、2018年8月25日(土)、26日(日)に開催致します。 「泡トラ」は、鈴鹿サーキットの「鈴鹿10時間耐久レース( SUZUKA 10 HOURS )」の中で開催される、泡とデコトラがコラボレーションした前代未聞の夏フェスです。 昼は、実力派DJがダンスミュージックで盛り上げつつ、ステージから射出される大量の泡を楽しむことができます。また、ステージ以外も、泡にまみれる「泡スライダー」や、泡まみれの写真が撮れる「泡フォトスポット」で記念写真が撮れます。 夜は、ステージのサイドに配置されたデコトラたちが一斉に点灯し、ダンスミュージックと共に、会場を鮮やかに彩ります。前代未聞の夏フェス「泡トラ」にご期待ください。

前代未聞の大イベント!

「泡パ®」「マグロハウス」「SAKURA CHILL BAR」など、次々と新しい体験をつくり出すアクティベーションクリエイター 「アフロマンス」率いるAfro&Co.(代表:アフロマンス)は、泡とデコトラをコラボレーションさせた前代未聞の夏フェス「泡トラ」を鈴鹿サーキットにて、2018年8月25日(土)、26日(日)に開催致します。

「泡トラ」は、鈴鹿サーキットの「鈴鹿10時間耐久レース( SUZUKA 10 HOURS )」の中で開催される、泡とデコトラがコラボレーションした前代未聞の夏フェスです。

昼は、実力派DJがダンスミュージックで盛り上げつつ、ステージから射出される大量の泡を楽しむことができます。また、ステージ以外も、泡にまみれる「泡スライダー」や、泡まみれの写真が撮れる「泡フォトスポット」で記念写真が撮れます。

夜は、ステージのサイドに配置されたデコトラたちが一斉に点灯し、ダンスミュージックと共に、会場を鮮やかに彩ります。前代未聞の夏フェス「泡トラ」にご期待ください。

鈴鹿サーキットで、泡あり!デコトラあり!音楽あり!

異色の祭典が「SUZUKA 10 HOURS」で開催!

F1やバイクなど、モータースポーツのメッカ「鈴鹿サーキット」にて、今年初めて開催される「鈴鹿10時間耐久レース( SUZUKA 10 HOURS )」 。その目玉コンテンツとして、夏の風物詩となった「泡パ®」と、日本独自のアート文化「デコトラ」がコラボレーションした「泡トラ」の開催が決定!

参考写真

メインステージでは、数千人規模が一瞬で泡まみれになる日本最大級の「ジャイアント泡キャノン」が登場し、実力派DJがプレイするダンスミュージックと共に会場を盛り上げます。

さらに高さ6mから泡の中にダイブする「泡スライダー」や、泡まみれのフォトジェニックな写真が撮れる「泡フォトスポット」が楽しめます。

また、夜はステージのサイドに並んだデコトラたちが鮮やかに光り輝き、イベントを盛り上げます。フィナーレには、鈴鹿サーキットのコースをデコトラがパレードし、表彰式へも参加予定となっています。

ステージの出演者は、フジロックやタイコクラブに出演する「DÉ DÉ MOUSE」、ULTRAやEDCにも出演する「TJO」や、m-floの☆Taku Takahashiが主宰するCDJ BATTLE CONTEST 初代グランドチャンピオンに輝いたDJユニット「KICK OFF」、泡パ®を日本全国で一大ムーブメントにつくりあげたクリエイター「アフロマンス」など、盛り上がり間違いなしのメンバーが揃います。

全てのコンテンツは「鈴鹿10時間耐久レース( SUZUKA 10 HOURS )」の観戦チケットを購入された方は無料で参加できます。観戦チケットは「 SUZUKA 10 HOURS 」公式サイト、または「泡トラ」公式サイトで購入できますので、お早めの購入をオススメします。

夜になるとステージのサイドでデコトラが点灯。音楽と泡に加えて、光で会場全体を盛り上げる!

泡トラ公式サイト:http://afroand.co/awatra

鈴鹿10H公式サイト: http://www.suzukacircuit.jp/10h/

DÉ DÉ MOUSE、TJO、アフロマンスなど実力派DJが集結!

イベント概要

タイトル:泡とデコトラの夏フェス「泡トラ」

 

開催日:2018年8月25日(土)、26日(日)

※開始・終了時間及びタイムテーブルについては泡トラ公式HPにて随時発表

 

会場:鈴鹿サーキット 国際レーシングコース横 「GPスクエア」

三重県鈴鹿市稲生町7992

http://www.suzukacircuit.jp/10h/

 

参加費:無料

※入場には別途「SUZUKA 10 HOURS」のいずれかの観戦チケットが必要です。

 

チケット購入URL: http://www.suzukacircuit.jp/10h/ticket/index.html

 

出演者:アフロマンス / DÉ DÉ MOUSE / TJO / KICK OFF / and more…

 

主催:鈴鹿サーキット

企画:Afro&Co.

協力:全日本アートトラック連盟 一般社団法人全国哥麿会

 

注意事項:

・ステージ前は泡&水浸しになります。水着やTシャツ等、濡れても良い服装をご持参の上、ご参加ください。

・スマートフォン等の精密機器や貴重品の管理は自己責任で十分にご注意下さい。破損した場合にも一切の責任は負いません。

・滑りにくい靴を着用してください。怪我等に関しては一切の責任を持ちません。

・イベント内で撮影された写真及び映像に関する著作権は鈴鹿サーキット及びAfro&Co.に帰属します。今後、イベントの告知等で使用される場合がございますので、予めご了承ください。

・本ルールは主催者の判断により予告無く内容が変更される場合がございます。変更があった場合は本サイト上で告知致します

泡トラ公式サイト:http://afroand.co/awatra

アフロマンスtwitter:https://twitter.com/afromance

アフロマンスFacebook:https://www.facebook.com/afromancefp/

アフロマンスInstagram:https://www.instagram.com/afromance/

鈴鹿サーキット公式サイト:http://www.suzukacircuit.jp/10h/

鈴鹿サーキットInstagram:https://www.instagram.com/suzukacircuit_official

鈴鹿サーキットTwitter:https://twitter.com/suzuka_event

鈴鹿サーキットFacebook:https://www.facebook.com/suzukacircuit/

参考資料:SUZUKA 10 HOURSとは

鈴鹿市(三重県)と、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は、 2018年新たなレースとしてスタートする「鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)」に関連し、8月23日(木)に鈴鹿市内で開催される「鈴鹿モータースポーツフェスティバル(鈴鹿市主催)」ならびに、SUZUKA 10Hでの新たな取り組みを実施する。このSUZUKA 10Hは、伝統の鈴鹿1000kmレースのコンセプトを継承しつつ、47回目を迎える真夏の耐久レースで、欧州・日本・アジアなど、世界各国で活躍するGT300・GT3マシンが一堂に会する、新たなGT世界一決定戦として開催される。

◎レースに関するご質問・取材等のお問い合わせ

【株式会社モビリティランド】

URL:http://www.suzukacircuit.jp/

E-mail:media@mobilityland.co.jp

【鈴鹿サーキット】

〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992

TEL:059-378-1111 FAX:059-378-4568

【東京オフィス】

〒107-0062 東京都港区南青山1-15-9 第45興和ビル9F

TEL:03-5770-6430 FAX:03-5770-6435

参考資料:アフロマンスとは

アイディアで新しい体験をつくり、人を動かすアクティベーションクリエイター。

強力なコアアイディアと、前例がないものを形にする実行力、そして、クリエイティブから体験や情報まで横断的に企画する綿密な設計力で、新しいアクティベーションをつくり出す。過去の実績として、泡にまみれて踊る「泡パ®」、街中を巨大スライダーに変える「Slide the City」、一生に一度は見たい絶景フェス「The Lantern Fest」、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」、120万枚の桜の花びらに埋もれる「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」など、手がけるプロジェクトはSNSを中心に話題となっている。

公式サイト:http://afromance.net

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社アフロ&コー
担当者名:村山 有希子
TEL:0364070461
Email:yukiko.murayama@afroand.co

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください